unifemnihon.jp


ユニフェムとは - Wikictionary


「ユニフェム日本国内委員会」は「UN Women日本国内委員会」に改名しました。
「UN Women日本国内委員会」ホームページへhttp://www.unwomen-nc.jp/


【ユニフェムとは?】

〜 目的・沿革 〜

■ユニフェムとは

UNIFEM(United Nations Development Fund for Women)は日本語に翻訳すると国連女性開発基金となりユニフェムは途上国の女性が自立するために基金支援で賄う事を目的とした国連組織です。


■ユニフェムの目的とは

ユニフェムは途上国のすべての女性へ、教育、経済的支援、エンパワーメント、技術支援、などの権利を促しています。
例えば、母親が子育てをする際に読み書きや保健衛生などの教養と習得は、次の世代の子供達への良好な人格形成を齎します。


■ユニフェム活動理念とは
途上国の女性に見られるケースには、貧困、DV、HIV、などに被っている現状があります。
弱者としての状況下に置かれた女性達を、平等精神の理念に基づき、ジェンダー達成を追求しています。


■ユニフェムの任務とは

国内および地域の優先課題に沿った、女性に役立つ革新的で実験的な活動を支援すること。
主流の開発活動に、それもできるだけ投資の前段階から、女性の適正な関与を保障することを目指して、そのための触媒となること。
開発協力に関する国連の全システムの中で、革新的、触媒作用的役割を担うこと。
(国連総会決議39/125)




【ユニフェムとは?】

〜 役割・使命 〜

■ユニフェムの役割・使命とは

世界の女性たちを勇気付けるために(女性に対する暴力撤廃基金)(女性に対する暴力撤廃宣言)などの様々なプログラムが展開され、女性に悪影響となる慣行や慣習の根絶活動や、配偶者からのDVの排除などを、システムとして構築する役割を持っています。
武力紛争で女性と子供に更なる悪影響を及ぼさないためにも、ジェンダー視点で平和構築の使命を持ち、「ジェンダーの平等の推進と女性の地位向上」「幼児死亡率の削減」「妊産婦の健康の改善」を掲げており、ユニセフ、国連機関、NGO、と協力しながら実施しています。



【ユニフェムとは?】

〜 各国拠出金 〜

■ユニフェムの各国拠出金とは

ユニフェムは国連内の一部の基金を担当して、各国政府、国内委員会、NGO、団体、個人などの自発的寄付を集め代表して拠出しています。
世界各国においてのユニフェム単体では、40ヵ国以上にのぼり拠出金を収めています。
日本政府としての拠出金は日本国内委員会が管轄していますが、
各地域の委員会や会員のボランティア精神が一丸となって毎年着実に拠出額を増やしています。



【ユニフェムとは?】

〜 親善大使 〜

■ユニフェムの親善大使とは

ユニフェム親善大使【ニコール キッドマン】さんが、女性に対する暴力の根絶へ向けて活動されています。
暴力の被害者、戦争での未亡人、行方不明の家族探しなど、被害を被っている方々の声に耳を傾け、
心の傷のメンテナンスや勇気を与え貢献されています。



【ユニフェムとは?】

〜 活動 〜

■ユニフェムの活動とは

女性人権、政治参加、経済的安定、エンパワーメント、ジェンダー平等などの諸々の女性の問題と関心事に向けて、国連機関、NGOとの共同参画により、国連女性開発基金(ユニフェム)は資金と技術の支援を持って、世界中の100ヵ国に渡り活動しています。



○ 動物愛護とは… ○


人間もいち動物ですが、弱者としての痛みを少しでも知る事は、

世の中に思いやりの輪を広げ、結果的に我が身に返ってくるのだと思います。

ここでは命有る動物達への向き合い方を考えてみます。

法治国家の日本では動物達の権利を守るために法律により規制をかけています。

迷子動物の所有者が分かる様にするためのマイクロチップなどの義務化。

動物をそれぞれに分類し、家庭動物、展示動物、畜産動物、実験動物、

これらの動物に対しての付き合い方や安楽な緩和ケアへの努め。

動物取扱業者(動物の販売、保管、貸出、訓練、展示を業として行う者)が

動物の立場をわきまえ、接し方の追求や改善。

国が定めた危険な動物へは、マイクロチップなどの個体識別措置の義務付け。

迷子動物の捜索や里親さん募集が円滑に行なわれる様にするための

検索収容動物データ検索サイトの構築。

動物愛護の神髄ともなる弱い者いじめに代表される動物虐待の徹底排除。

この様に動物に対しての議題や法規制が次の国家機関で閲覧できます。

動物の愛護と適切な管理 [環境省]

http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/

環境省自然環境局 総務課 動物愛護管理室



○ 動物愛護運動についてのお知らせ ○
トイプードル
日本国では少子高齢化により核家族化現象が進行しています。

バブル後の経済低迷により人口は天井を打ち出生率が減りつつあります。

戦後ベビーブームの団塊世代も子育てが一巡し、
成人となった子供達を世に送り出しながら独り立ちを見届け、
親として立派に役目を終えています。

第二の人生として様々なカルチャーへ目覚め移行していますが、
一際目立つのがペットを飼い始める方々が多くなっている事です。

昨今、ペットに見られる犬や猫の国への登録頭数は増加傾向にあります。

その影で犬や猫などを動物愛護センターへ持ち込みされるケースも発生しています。

何らかの理由でペットを放棄する人がいるからです。

世の中には光と闇が存在しますが、捨てる神あれば拾う神有りと言った具合に、
道徳心を持つ人々や団体が動物達の行く末を悲観して、
ケアに取り組んでいる姿勢を見て勇気づけられ心が熱くなる思いです。

世界中の国々で資本主義への移行がなされていますが、
我が国においても規制緩和が始まり早15年の歳月が経過しています。

世界規模での自由競争による経済社会を生き抜く上で、
国民は日々仕事に追われ忙殺していると言っても過言ではありません。

また人の繋がりが稀薄な現代にとってペットの命に触れ合う事は、
忙殺する心に温もりが得られ情緒の安定に繋がっています。

また成長期の子供や多感な年頃の青少年に対しても、情操教育に役立てられています。

この様にペット達の存在はこの時代にとって尚更求められ、
必然と舞い降りた天使ではないでしょうか。

上記の動物愛護宣言デザインロゴマークの行き先は、
ペット文化をあらゆる角度からサポートしている団体さんです。

先日お話を伺った際に、行く行くは恵まれない動物達を応援していきたいと、
所信表明の意図を説明して頂きました。

ペット先進国である欧米の文化を取り入れる活動が実を結びつつあります。

■ペットショップ等での夜間8時以降の店頭展示販売を禁止する法律が成立。

■生後8週齢まで店頭での展示販売を規制する法律が成立。

生後8週齢規制導入に賛成の立場で、ブリーダーから直接ペットを譲り受ける
欧米スタイルのペット文化の普及に、最大限尽力されていかれるとの事なので
当サイトも応援して行きたいと思います。




ユニフェムとは【ユニフェム(国連女性基金)日本国内委員会】unifemnihon.jp
Copyright (C) unifemnihon.jp All Rights Reserved.